24時間365日
対応しております
お気軽にお電話ください
0800-800-5445
のぼりと倶楽部 WEB入会 お急ぎの方はこちら
24時間365日 いつでも受付しております
0800-800-5445
じっくり検討の方はこちら! お気軽にお問い合わせください
24時間365日 いつでも受付しております
0800-800-5445
じっくり検討の方はこちら!お気軽にお問い合わせください
無料相談・御見積資料請求

キリスト教の葬儀~カトリックとプロテスタントの違い~

のぼりとの杜コラム

キリスト教の葬儀は故人が神のもとに召された(昇天や召天、帰天などと言う)感謝を告げることが主になります。そして、祈りが捧げられます。
また、キリスト教には多くの教派がありますが、「カトリック」と「プロテスタント」が多く耳にする教派ではないでしょうか。

実は「プロテスタントとカトリックの違いは?」と良く聞かれる質問があります。
今回はわかりやすくその違いついて書きたいと思います。「なるほどぉ~」と思っていただけたら幸いです。カトリックとプロテスタントの見分け方としてもちょっとした知識にしていただけたらと思います

神父と牧師
カトリック:神父
プロテスタント:牧師
神父さんも牧師さんも言葉としては耳にしたことがあると思います。実はカトリック、プロテスタントで聖職者の呼び名が異なります。

葬儀の根幹
カトリック:「感謝の典礼」として祭壇にパンやブドウ酒を捧げる。葬儀をミサと呼び、厳粛に行われる。焼香もOKなことも。宗教歌は聖歌と言う。
プロテスタント:「故人が安らかに過ごせるように」と神に祈るスタンス。宗教歌は讃美歌。通夜式、告別式と印象としては比較的、柔軟性があります。
どちらも葬儀は教会で行われることが一般的ですが、最近では斎場で行われることも多くなってきました。通夜は自宅で行うこともまだまだ見受けられます。また、焼香ではなく献花が基本ですが、カトリックでは焼香もOKなこともあります。

十字架
カトリック:十字架にキリスト像(マリア像)が磔(はりつけ)けられている。
プロテスタント:十字架のみ。
カトリックとプロテスタントの大きな違いでもあります。教会を目にしたとき、ちょっと見てみるのも良いと思います。

いかがでしたでしょうか。具体的な違いを深堀するとここでは書ききれないほどのものがりますが、今回は誰でも知ることができる見分け方、違いとして簡潔にお伝えしました。是非、参考にしてみてください。

最後にキリスト教の葬儀に参列する際の共通点を
香典:表書きは「御花料」「献花料」と書きます。「御ミサ料」もOKだがカトリックのみ。
お悔やみ:「ご愁傷様」と言うより「安らかなる眠りをお祈りいたします」のお言葉を。キリストではお悔やみではなく、新たな旅立ちと考えるため。

タイトルとURLをコピーしました