24時間365日
対応しております
お気軽にお電話ください
0800-800-5445
のぼりと倶楽部 WEB入会 お急ぎの方はこちら
24時間365日 いつでも受付しております
0800-800-5445
じっくり検討の方はこちら! お気軽にお問い合わせください
24時間365日 いつでも受付しております
0800-800-5445
じっくり検討の方はこちら!お気軽にお問い合わせください
無料相談・御見積資料請求

忌中札(忌中紙)は最近、見なくなりましたよね

のぼりとの杜コラム

ご自宅の玄関先に「忌中(きちゅう)」と書かれた用紙が掲示されているのを見たことはありますか?
これは、忌中札または忌中紙と言いいます。玄関の入り口に忌中札を掲示し、ご自宅でご不幸があったことを近隣の方に通知します。
昔は、死によって穢れを被っていることを知らせる意味合いが強かったようす。

↓こちらが実際に使用される忌中札です。大きさはB4サイズほど。

お通夜や葬儀の日時もお知らせします。

こちらは訃報用紙です。町内の掲示板などで亡くなった方のお名前や通夜・葬儀の日時等をお知らせします。

最近はこのような掲示物を目にする機会も少なくなってきたように感じます。
理由としてはFAXやメール、LINE、SNSなどの通信網が充実していること。また、「忌中札=葬儀の時は家を留守にする」という告知に捉えられ、葬式泥棒を防ぐために忌中札が避けられるようになったといった理由もあるようです。(葬式泥棒って噂では聞いたことはありましたが、実際にその昔にはあったそうです。)

個人的な意見ですが、生前に少しでも関わりがあった方の訃報は忌中札を掲げないにしても、お知らせして欲しいな、と思っています。以前、私もお世話になった方が亡くなり後で知ることになり、お通夜や葬儀に参列できず、お別れができなかったことが十数年たった今でも心残りです。
もちろん故人様やご家族の意向もあると思いますので無理は言えませんが…。

 

 


川崎市・横浜市を含む神奈川県全域、東京都の
お葬式は登戸の杜にお任せください。

我が家のお葬式が実現できる葬儀社です。
直葬、家族葬、一日葬、一般葬 各種ご相談は無料です。

LINE・Twitterからも受け付けておりますのでお気軽にお問合せください!

LINEはこちら

Twitterはこちら

多摩区 登戸 向ヶ丘遊園

タイトルとURLをコピーしました