音楽葬の魅力

のぼりとの杜コラム

葬送の形も選ぶ時代になっていることはすでに周知の通りですが、今回は音楽を取り入れる形をご紹介します。
せっかくの人生最後の「セレモニー」です。送る側も送られる側も自分らしさを演出するのは葬送空間の場に相応しいものです。
そのひとつとして「音楽」があります。しかしながら音楽をCDで流すのではなくプロの演奏者が奏でてくれる。しかもリクエストに応じて生演奏で。素敵だと思いませんか?
生の演奏はやはりひと味違います。想像してみてください。ステージを生で聴くのと映像や音源だけで聴くのとは違いますよね。スポーツ観戦もやはり生観戦に勝るものはありません。

音楽葬という葬送の形
故人様が好きだった曲であれば、まさにその人オリジナルの葬儀になります。ご家族が故人様に送りたい曲でもよいと思います。J-POP、JAZZ、Rock,、演歌、童謡、民謡、母校の校歌、思い出の曲etc・・・何でもよいのです。以前お手伝いしたお客様で競馬好きの故人様に競馬のファンファーレで出棺したご葬儀もありました。
好きだったアーティストや曲をリクエストし故人様と最後のミニライヴなんていう葬送もいいですよね。ご家族やご友人で歌うことも可能です。時にはバラードやゆったりした曲も選択し故人様を偲ぶ時間を作ることも。

仏式での音楽

お寺様をお呼びする式にも音楽を取り入れることは可能です。(ご住職の承諾は必要ですが)
開式前のひととき、お読経が終わった後に音楽葬の開式、食事の時にリクエストしながら故人様を語る。また出棺の時に好きな音楽をバックにお別れなど。音楽を葬送に取り入れることにより、記憶にもしっかりと残るご葬儀になります。

よく「その人らしいお別れを」と目にしますが実際はなかなか思い当たらないケースもあったりします。しかし、音楽に照準を当てはめると何かしら出てくる方が多いです。
登戸の杜ではご葬儀のプランに+50,000円でプロの生演奏をご用意しております。家族葬の方に大変好評をいただいております。

みなさんは誰のどの曲で送られたいですか?実は私の葬儀の時も音楽は取り入れると決めています。30年以上ずっとファンである南野陽子の曲は絶対に演奏して欲しいと思っています(;^_^A

 


登戸の杜がお答えします!匿名質問箱

~葬儀・供養・終活ほか何でもOK。大大大募集中!~

匿名でOKです。ご質問はこちらから(コラム内で回答していきます)

LINE・Twitterからも受け付けておりますのでお気軽にお寄せください!

LINEはこちら

Twitterはこちら

YouTubeも見てね