24時間365日
対応しております
お気軽にお電話ください
0800-800-5445
のぼりと倶楽部 WEB入会 お急ぎの方はこちら
24時間365日 いつでも受付しております
0800-800-5445
じっくり検討の方はこちら! お気軽にお問い合わせください
24時間365日 いつでも受付しております
0800-800-5445
じっくり検討の方はこちら!お気軽にお問い合わせください
無料相談・御見積資料請求

家族葬への弔問はNGなの?

のぼりとの杜コラム

家族葬ってどこまでの範囲?制限があるの?
家族葬は家族だけの4人だけ?
家族と親戚だけ?

実のところ、人数に制限はありません。
2人の参列でも家族葬。
家族と親戚の20名でも家族葬。
家族・親戚・友人合わせて100名でも家族葬です。
100家族あれば100通りの家族葬があります。全く同じ家族葬は存在しません。
家族の想いが込められてる葬儀=家族葬であります。

さて、ここで疑問が生まれます。
訃報通知に「葬儀は家族葬で執り行います」と記載されている場合、弔問に行っても良いのでしょうか?

答えは、喪主様やご遺族へ要確認です。
「葬儀は家族葬で執り行います」の他に、「参列はお控えください」等の文章があれば、家族は参列を控えてほしいのだなと受け取れます。
しかし、どうでしょう。
参列する側は、「お世話になった方だからどうしてもお別れがしたい」と思っている可能性も十分に有り得ますよね。
その際は、ご遺族に確認をし「弔問することが可能か?」をお伺いしましょう。
故人様と対面できるのは、その時しかありません。
ただし、どうしても家族が参列は控えてほしいと望む時には、供花や弔電を送ることで弔意を伝える方法もあります。
また、葬儀が終わってからご自宅へ弔問するといった方法もあります。

昨今、「家族葬」という言葉が使われることが多くなりましたが、家族葬=葬儀であることに変わりはありません。
葬儀は弔いの場です。家族葬は葬儀の中のカテゴリーでありますが、家族葬のイメージだけで、葬儀の質が制限されるものではないのです。

タイトルとURLをコピーしました