24時間365日
対応しております
お気軽にお電話ください
0800-800-5445
のぼりと倶楽部 WEB入会 お急ぎの方はこちら
24時間365日 いつでも受付しております
0800-800-5445
じっくり検討の方はこちら! お気軽にお問い合わせください
24時間365日 いつでも受付しております
0800-800-5445
じっくり検討の方はこちら!お気軽にお問い合わせください
無料相談・御見積資料請求

棺に入れていいもの、いけない物

のぼりとの杜コラム

故人様と一緒に棺に納める物を「副葬品(ふくそうひん)と言います。
よく一緒に納められているものには、お花、お手紙、写真、故人様の趣味に関係するものなどがあります。

基本的には燃えるものは一緒に納めても大丈夫です。
反対に、燃えない物、火葬炉を傷つけてしまうおそれのあるものは副葬品としてふさわしくありません。

  • 副葬品に選んで良い物(一例)
    お花
    お手紙
    写真 ※ほかの人が写っている写真を棺に入れると故人様がその人をあの世へ一緒に連れて行ってしまうという言い伝えがあります。科学的根拠はありませんが気にする方もいらっしゃいます。ご家族や写っている人の了承を得てからお納めしましょう。
    食品 ※大きな果物(スイカやメロンなど)は切ってから入れましょう。
    飲料 ※ペットボトル、ビン、缶の場合は中身を移し替えます。
    絵画(紙製の物)
    折り紙
    衣類やぬいぐるみ
    本 ※辞典などの厚みがあるものは燃えにくいため、葬儀担当者への確認が必要です。
  • 副葬品としてふさわしくない物(一例)
    金属類
    ガラス製品
    メガネ ※棺には納めずに、骨壺の中に納めましょう。
    皮革製品
    紙幣・硬貨 ※お金は燃やしてはいけないと法で定められています。
    竹製品(竹刀など) ※爆発して火葬炉を傷つけてしまうおそれがあります。
    カーボン製品
    プラスチック製品やビニール製品 ※有毒ガスの発生源となることがあります。
    爆発の危険がある物(スプレー缶、ライター、電池)

これは棺に入れてもいいのかな?と迷われる場合は葬儀担当者に必ず確認をしましょう。
どうしても入れたいのに入れられない…そんな時は写真に撮って印刷して納めたり、
ゴルフがお好きだった方にはゴルフボール型の最中をご用意したり…といった事例もございます。

ご相談していただければ、ご家族様のご要望にお応えできるように精一杯お手伝いいたします!

タイトルとURLをコピーしました